英語

Where does it hurt?の英語の意味 ~海外ドラマや映画で頻繁に使われる英語の意味〜

本日は、タイトルの「Where does it hurts?」の英語の意味について詳しく見ていきたいと思います。この英語表現も日常会話の中でよく使われますので、しっかりと学んでいきましょう。

海外ドラマや映画で頻出する英単語:Where does it hurts?が持つ意味とは?

まず初めに、このWhere does it hurts.の意味を英単語に分解してみます。

Whereは疑問副詞で「どこに」、「どこで」、「どこへ」、「どこから」という意味を持ちます。こちらは中学校の英語の授業でもよく登場する単語なので、恐らくほとんどの方が馴染みのある単語ではないでしょうか。一応ですが、毎回のように一例をあげておきますと、下記のような形でwhereを使用します。

(例)

Where did the dog bite you?(どこで犬に噛まれたの?)

こちらは問題なくご理解いただけるかと思います。

続いて、doesについてです。こちらも大半の方が「基本的な英単語だから分かるよ。」という感じだとは思いますが、少しだけご説明をしていきますね。

中学校英語の復習になりますが、doesは動詞の「do」の三人称単数(現在形)です。Where does it hurts?の主語はdoesの後ろにくるitになりますので、三人称単数となり、doではなく、doesが使われます。またwhereから始まる疑問文ですので、主語と述語の位置が逆転しますね。つまり、doesが前に出て、その後ろに主語のitがきます。

そして英文の最後にくるhurtsです。この単語のややこしいところは、動詞なのか名詞なのか少し分かりにくい点にあると思います。

動詞のhurtは現在形でも過去形でも過去分詞形でもhurtです。主語が三人称単数の場合はhurtsになり、hurtの後ろにsが付きます。動詞としての意味は、「~を傷める」、「~を怪我する」となります。(他動詞、自動詞によってhurtの意味合いは少し変わりますが、今回そちらの点には触れずに進みたいと思います。)

名詞として使用する場合、単数の場合はhurt、複数の場合はhurtsとなります。名詞としての意味は、「傷」、「痛み」、「怪我」です。

Where does it hurtsが持つ英語の意味

ネイティブの日常会話の中でよく使われるwhere does it hurtsという言葉ですが、文としての意味は、「どこが痛むの?」となります。

(解答)

Where does it hurts?(どこが痛むの?)

ここで一つ疑問が湧く方がいるかもしれません。それは「it」が何を指しているのか、という点だと思います。

ここでの「it」は代名詞として使用されていて、指しているのが「お腹」なのか「腰」なのか、「背中」なのか、「顔」なのかその時点での会話ではまだ判断がつかないため、代名詞を置いて会話を進めているのです。

itは日本語で「それ」という意味もありますので、「それ」って何?と感じる方も多いですよね。ただここでは代名詞としてitを置いていて、それは会話の段階ではどこが痛むのか分からないから一時的に代名詞itを置いていると理解してもらえたらなと思います

Where does it hurts?の類似表現

「痛み」と聞くと、「pain」であったり、「painful」が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。私の知る限りでは、ネイティブとの会話の中では「where does it hurt?」が一般的ですが、たまにこの「pain」を使う人もいます。例えばですが、「Where do you feel pain?」(どこが痛みますか?)とか、親しい友人や家族との会話の中ではより短縮した表現で「Are you in pain?」(痛いの?)などが使われたりします。

(類似表現)

Where do you feel pain?(どこが痛むの?)

・Are you in pain?(痛いの?)

→親しい関係の人たちとの会話などで使用

今日は「Where does it hurts? 」(どこが痛むの?)について、詳しく説明させていただきました。いかがでしたでしょうか。誰かに英語で「痛い?」と尋ねるとき、ぱっと適切な表現が出てこないで、「pain?」であったり、「Are you OK?」と聞いてしまう方も多いと思います。それでも伝わることは伝わると思いますが、しっかりとした英文法、英語表現を学んで適切なコミュニケーションが取れたらよりスムーズな会話ができると思います。

英語力を鍛えるために無数の英会話スクールがありますが、短期間でしっかりと英語力を伸ばすなら日本人の専属コーチが付くイングリードの英語学習がおすすめです!

それでは本日はここまでにしたいと思います。最後までご覧いただき、ありがとうございました!

〜ひなたのブログ〜






    ABOUT ME
    ひなた
    初めまして!ひなたです!今まで50ヶ国以上を旅してきました!これからは記憶だけでなく、記録として情報を残していきたいなと思い、ブログを始めました!まだ20代なので、大学生や大学院生、社会人1年目から3年目の方々に読んでいただけるように頑張っていきたいと思います!