英語

Like that. 〜海外映画・ドラマで頻出する英語表現の意味と使い方〜

likethat_ひなたのブログ

今回は読者の方からメールでいただいたご質問について回答していきたいと思います。

T.Yさん

ひなたさん、こんにちは。学校の英語の授業で度々 (be) like that.という表現が出てくるのですが、インターネットや辞書で調べてもしっくりとくる回答がありませんでした。もし可能でしたらlike that.の使い方や意味について詳しく説明していただけないでしょうか。宜しくお願いいたします。

like that.という英語表現は学校の授業だけでなく、ネイティブとの日常会話の中でも頻繁に登場しますので、みなさんこれを機にlike that.の使い方をマスターしましょう。

海外ドラマや映画の頻出単語:Like that.の意味について

まず(be)Like that.の意味について紹介したいと思います。ここでのlikeは、動詞ではなく、形容詞としてのlikeとなりますのでご注意ください。動詞のlikeは「〜が好き」という意味で使われますが、形容詞のlikeは「~のような」、「~みたい」という意味があります。動詞のlikeも形容詞のlikeも日常的によく使われる英単語なので、こちらに関しては問題がないかと思います。

次にLike that.のthatです。このthatは代名詞として使われています。意味としては「それ、あれ」といった意味のthatですね。理解を深めていただくために一例をあげますと、目の前に何かが見えている状況で、隣にいる友人にそれ(その存在)を確認する場合、「Can you see that?」と表現します。和訳しますと、「(あなたは)あれが見える?」になります。(モノなど)何かがそこに存在していて、それを簡易的に表現したいときにこの代名詞のthatが使われます。ご理解いただけたでしょうか。

そしてこの(be) Like that.二つの英単語を繋げますと、「そんな感じ!」、「そんなふうに」、「そのように」という意味になります。

このlike that.は慣れてくると非常に使い勝手の良い表現なので、使い方について次章で説明していきたいと思います。

Like that.の正しい使い方

Like that.の意味について、上記のご説明でご理解いただけたかと思います。もしいまいち意味が分からなかったという方がいらっしゃいましたら記事の下端に設置された問い合わせフォームからお気軽にお問合せください。

この章ではlike that.の使い方についていくつか事例を交えながらご説明したいと思います。

〇シチュエーション1:学校の新歓祭など、初対面の方との会話

X:Hi, How are you? I’m Kaori (こんにちは、かおりといいます。)

あなた:Hi, I’m fine. I’m 〇〇〇. Nice to meet you.(あ、初めまして。私は〇〇です。)

X:How old are you?(あなたは何歳なの?)

あなた:Guess how old I am?(え、何歳だと思う?)

X:I think 20? you look mature for your age.(20歳かな。あなたは大人っぽく見えるもの。)

あなた:Thanks.Something like that. and you?(ありがとう、大体そんな感じだわ。あなたは何歳?)

いかがでしょうか。上記では初対面の方と話す中で、自然とlike that.を使ってみました。

もう一つ事例をご紹介したいと思います。

この章ではlike that.の使い方についていくつか事例を交えながらご説明したいと思います。

〇シチュエーション2:友人と歩いているとき、知り合いの男性と遭遇した後の会話

友人:He is nice. Is he your boyfriend?(さっきの彼、ってもかっこよかった。彼はあなたの彼氏なの?)

あなた:What?He is not like that.(え、彼はそんなんじゃないわよ。)

友人:Just friend?(ただの友達ってこと?)

あなた:Yes, just my friend.(そうよ、ただの友達。)

否定文にしましたが、like that.の使い方について、お分かりいただけたでしょうか。慣れるまではなかなか使い方に悩まれるかと思いますが、何度も反復的に使用していると慣れてきます。是非これを機会にlike that.の使い方を習得してみてください。

終わりに

少し長くなりましたが、今回は「Like that.」の詳しい説明とその使い方について事例をいくつか交えながら紹介させていただきました。ネイティブの方と話をする際、この「Like that.」は頻繁に登場する表現ですので是非覚えておいてください。

英語力を鍛えるために無数の英会話スクールがありますが、短期間でしっかりと英語力を伸ばすなら日本人の専属コーチが付くイングリードの英語学習がおすすめです!

それでは本日はここまでにしたいと思います。最後までご覧いただき、ありがとうございました!

~ひなたのブログ~

    ABOUT ME
    ひなた
    初めまして!ひなたです!今まで50ヶ国以上を旅してきました!これからは記憶だけでなく、記録として情報を残していきたいなと思い、ブログを始めました!まだ20代なので、大学生や大学院生、社会人1年目から3年目の方々に読んでいただけるように頑張っていきたいと思います!