英語

GoとComeの違いを知っていますか?正しい英語の使い方を習得しよう!

海外ドラマを字幕ありで見ていると、時々GoとComeの使い分けが分からなくなります。どのように理解すればよいのでしょうか?

“Go”と”Come”の使い分けについてご質問をいただきましたので、今回はこちらの違いについて、記事を執筆していきたいと思います。

1.日本人のGoとComeの理解

日本人の多くの方は、”Go”=行く。”Come”=来る。という理解をされているかと思います。なので、「今からそちらに行きます。」を英訳してみて!と質問をしてみると、大半の方が「I’m going there.」と回答されます。でもこの表現の仕方、非ネイティブの方なら理解してくれる可能性もあるんですが(表現方法は誤っています…)、ネイティブの方が聞くと、「?」となってしまいます。本来でしたらここでは「I’m coming.」と回答する必要があるんです。この後、”Go”と”Come”の違いについて、細かく説明をしていきますが、まずは以下のポイントをおさえてくださいね!

<重要>”Go”と”Come”を以下のように理解してはいけない!!

・”Go” = “行く”。

・”Come” = “来る”。

上記で日本人の方は”Go”を行く、”Come”を来るという意味で理解していると説明しました。それでは、米国などの英語ネイティブの方々はGoとComeをどのように理解しているのでしょうか?

2.英語ネイティブのGoとComeの理解

英語ネイティブの方々は、「会話の中心にある対象(物・コト)から離れる」場合に、”Go”という単語を使用します。少しわかりづらいかと思いますので、事例を交えて説明をしていきますね!

例えばですが、友達と何人かでパーティーをしているとします。開始から2時間が経ち、明日も予定があるので、帰りたい場合ってありますよね?つまりは、パーティー会場から「離れる」わけです。そんなとき、「(パーティーなどに飽きてそろそろ)家に帰るよ。」と伝える際には、「I’m going home.」を使う必要があります。図にすると、以下のような形になります。

<”Go”を使うときのイメージ>

続いて”Come”についてです。”Go”は「会話の中心にある対象(物・コト)から離れる」ときに使用すると説明をしました。一方の”Come”は真逆でして、「会話の中心にある対象(物・コト)に向かっていく」ときに使用する単語となります。

こちらも事例を一つだして説明していきます。例えばですが、今三人の友達(A=山田さん(私)、B=斎藤さん、C=鈴木さん)と電話で話をしているとします。会話の中で、翌日斎藤さんの家で遊ぶことになりました。電話はそこで終了します。翌日、斎藤さんは山田さんに電話をかけてきます。「山田さんと鈴木さんは今日、何時くらいに来るの?」、山田さんは鈴木さんが既に斎藤さんの家に向かっていることを知っているとします。その場合、正しい回答は、「He is going to your house.」ではなく、 「He is coming.」になります!鈴木さんは斎藤さんの家(今回の会話の中心となる対象)に「近づいている」ので”come”を使うわけですね。また、山田さんも斎藤さんの家に向かっているのでしたら、「I’m coming.」を使う必要があります。「I’m going」を使うと、「斎藤さんの家から離れる」ことを意味してしまいますので、注意が必要です。

図にすると以下の通りとなります。

 

<”Come”を使うときのイメージ>

3.まとめ

いかがだったでしょうか。日本語訳すると、「行く」「来る」の意味で理解されていますが、英語表現で一から理解し直してみると大きな違いがあったのではないでしょうか。最初は慣れないかと思いますが、意識しながら使い続けていると、徐々に慣れてくるかと思います。場所や状況に応じて”Go”と”Come”を正しく使いこなさないとネイティブの方を混乱させてしまうかもしれません!これを機に一から覚え直していきましょう!

<重要>”Go”と”Come”は以下を意識して使用する!

・”Go” = ”会話の中心にある対象(物・コト)から離れる”場合に使用。

・”Come” = “会話の中心にある対象(物・コト)に向かう”場合に使用。

それでは本日はここまでにしたいと思います。最後までご覧いただき、ありがとうございました。また次回もよろしくお願いします!

〜ひなたのブログ〜
問い合わせフォーム、Twitter(DM)でご質問やご相談を受け付けております!
お気軽にご連絡(フォロー)してください!
Twitter:@hinatanotabi






ABOUT ME
ひなた
ひなた
初めまして!ひなたです!今まで50ヶ国以上を旅してきました!これからは記憶だけでなく、記録として情報を残していきたいなと思い、ブログを始めました!まだ20代なので、大学生や大学院生、社会人1年目から3年目の方々に読んでいただけるように頑張っていきたいと思います!