ライフスタイル

【2018年最新版】InBodyの専門用語についての説明

こんにちは!ひなたです。

中国やアメリカと比べると、日本語のインターネット上には旅に関する情報が少ないと思い、世界を旅しながらブログを書き、少しでも役に立つ情報を発信できたらなーと思っています!

今日は【生活】について記事を書いていきます!

大学生や社会人の方は毎年一度健康診断を受けますよね?学校や会社によってはInBody(インボディ)の測定をしてくれるところも多いと思います!でもこのInBodyの結果って、少しわかりにくかったりしませんか?専門用語が多かったり、適正値が分からなかったり・・

 

そこで、今回は栄養士の方などにお聞きした情報をメモとして残しておきたいと思います〜!数年前にスポーツドリンクのCMとかでもやっていたと思うのですが、健康な方の体水分

 

人体は、大きく分けて体水分・タンパク質・ミネラル・体脂肪で構成されているのは、中学校で習ったことだと思います。ここで体水分について質問です!

数年前にスポーツドリンクのCMでも人の身体の水分量について触れることがあったと思うのですが、健康な方の体水分は体重の何割を占めるでしょうか!

 

A.4-6割

B.5-7割

C.6-8割

D.7-9割

※個人差があるのでレンジで示しています!

 

正解は・・・

 

 

B(5-7割)なんです!体水分は摂取した栄養素を身体の細胞に届けるだけでなく、体内で要らなくなった老廃物を外に排出する、運搬の役割も果たしているようです!

 

続いて、タンパク質ですが、これは皆さんもかなり馴染みのある言葉じゃないでしょうか!タンパク質は、筋肉を構成する主な成分です。この成分が足りていないと、細胞の栄養状態がよくないと言えます!

 

ミネラルについては、聞いたことあるけど、具体的にどんなものかは分からないという方が多数ではないでしょうか?ミネラルの約80%は骨の中にあると言われていて、体を支持する役割を担っています!ミネラル量が欠乏すると、骨粗鬆症や骨折などの重度の怪我を招く可能性が高まります。

 

体脂肪は名前の通りですね!食事などを通じて摂取した栄養素は消化吸収後、活動に必要なエネルギーに変換されます!ただ、余分なエネルギーは脂肪細胞に蓄積され、これが肥満の原因となります。

 

肥満指標であるBMI(Body Mass Index)は身長と体重のみで肥満可否を判定します!

BMI(Kg/m2) = 体重(kg)÷ 身長(m2)

※m2は身長の二乗を表しています。

で簡単に計算できますね!例えばですが、

体重が65kg、身長1.75mの男性がいるとします。

この人のBMIは、65 ÷ (1.75 * 1.75) = 約21

になりますね!

下記のサイトを使うと、適正体重なども自動計算してくれますので、気になる方は是非やってみてください!

Keisan〜生活や実務に役立つサイト〜

https://keisan.casio.jp/exec/system/1161228732

 

体脂肪率は、体重に対する体脂肪の割合を意味します!

体脂肪率(%)= 体脂肪量(kg)÷ 体重(kg)* 100 で求めることができます!

InBody検査では、InBody点数なども算出してくれます!これは、体成分の状態を分かりやすく点数化して表示してくれる優れものです!80点を基準として、筋肉量と体脂肪量の均衡をもとに評価してくれるみたいですね。

 

InBody測定では、上述したBMIと体脂肪率をもとに体型評価までしてくれます!身長や体重だけでは分からない身体の中身についても加味して評価・測定してくれますので、より正確な身体測定・評価が可能となります!

 

InBodyについて、長々と語ってきましたが、本日はここまでにしておきます!

何かご不明な点などがありましたらお気軽にご相談ください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ご質問やご依頼などは下記のお問い合わせフォームから受付しております。お気軽にご連絡ください。





 

ABOUT ME
ひなた
ひなた
初めまして!ひなたです!今まで50ヶ国以上を旅してきました!これからは記憶だけでなく、記録として情報を残していきたいなと思い、ブログを始めました!まだ20代なので、大学生や大学院生、社会人1年目から3年目の方々に読んでいただけるように頑張っていきたいと思います!