ライフスタイル

ピロリ菌判定で陽性反応!?そんなときにどうすれば良いか対策を解説!

少し前のお話なのですが、スイスチューリッヒから一時帰国した際、健康状態を確認してみようということで、東京のとある病院で人間ドックを受診してきたんです。人間ドックの内容としましては、身長・体重測定、血圧、心電図、採血などを受けまして、そのついでにピロリ菌検査も申し込んでみたんです!(胃カメラは怖くて受診拒否しました…尿検査をすると体内にどれだけピロリ菌が潜伏しているのかがざっくりと分かるようでして、過去に一度も受けたことがなかったので勢いで申し込んでみたんです笑 今回はそのときの経験談をお話したいと思います!

ピロリ菌とは何か?

 

まずはじめにピロリ菌についてです!ピロリ菌とは、胃の粘膜に潜伏する細菌になります。皆さんもご存知かと思いますが、胃の中には胃酸(強酸性)が生成されているので、昔の研究では胃の中に細菌などは生息することができないと言われていました。しかし1900年代後半、オーストラリアの医師二人が、人の体内(胃)には細菌が存在していることを明らかにしたんです。

ピロリ菌の正式名称は、ヘリコバクター・ピロリ(Helico-Bacter Pylori)と言いまして、その細菌は螺旋(らせん)型の形をしています。Helico(ヘリコ)はギリシャ語で螺旋を意味し、Bacter(バクター)は細菌の属名を作る接尾辞になります。つまり、Helico-Bacter(ヘリコバクター)で螺旋型の細菌を意味するわけですね。Pylori(ピロリ)は少し難しいのですが、胃の出口部分を指す幽門(ゆうもん)という意味がありまして、胃の幽門付近で細菌が発見されたことからピロリと名付けられたみたいですね!

名前は少しキュートなピロリ菌ですが、感染源は様々なようですが、口から口への感染(唾液などからピロリ菌が検出)、水道水を原因とした感染(上水道、下水道が整っていない国々でピロリ菌が検出)、糞から口への感染(糞便からピロリ菌が検出)が主な原因のようですね。感染の時期ですが、ほとんどのケースが幼少期に感染するようでして、例えば親が水道水から感染していてその子どもに口移しで何か食べ物を与えると、その子どもも感染する確率がぐっと上がるみたいです。

予防対策ですが、子どもには口移しで何か食べ物・飲み物を与えない。上水道が整備されていない場所に住んでいる方(日本ではあまりないかと思いますが、タイやベトナムなどの新興国にお住いの方など。)はなるべく市販のお水を飲むようにする。馬や牛などの家畜の糞便に触ったりしない。(子どもは何にでも興味を持つので牧場などに遊びに行かれる方はしっかりと監視した方が良いかもしれません!)などがあげられるかと思います!

ピロリ菌感染後の症状ですが、胃もたれ、吐き気、腹痛、食欲不振などが起きるみたいです。なぜそのような症状が起きるでしょうか?それはですね、ピロリ菌が胃の中で暴れ回るからなんです。ピロリ菌は胃の中でウレアーゼという酵素を生成します。その酵素に胃の中の尿素が反応することで胃の粘膜が痛みつけられるみたいなんです。またピロリ菌をそのまま放置しておくと、重度な病気に繋がることもあるみたいです。例えばですが、胃癌(いがん)であったり、胃潰瘍(いかいよう)十二指腸潰瘍などです。そんな名前は可愛いけど実際は怖い細菌、ピロリ菌。放置するのではなく、まずは人間ドックや健康診断などの検査を通じてどのくらい胃内に潜伏しているのか、理解・認識することが大切だと思います!

 

ピロリ菌検査とは?

 

ピロリ菌の感染率は世代によって異なりますが、今の65歳以上の方々の感染率は8割から9割とも言われています。つまりは10人中8人が感染しているわけですね。第二次世界大戦中、アメリカやイギリスなどの連合国軍の空襲によって東京などの都市は焼け野原になりました。鉄道やガス、電力設備だけでなく、上下水道のインフラ設備も壊滅的な打撃を受けたと考えると、飲料水などが原因で感染したのかもしれませんね。そこから日本はアメリカなどの力を借り、再興することができました。それに合わせてピロリ菌の感染率も下がってきているようです。ただ油断してはいけません!感染率は0%になった訳ではなく、医療機関などの情報発信によると、10代〜20代の方々の感染率は約2割と言われています。30人で構成されるクラスのうち、6人がピロリ菌に感染していると考えると結構な割合だと思うんです。なので、しっかりと検査を受けてピロリ菌を除菌する必要があるかと思います!

ピロリ菌の除菌方法に入る前に、まずは検査について触れておきたいと思います!私が受けたのは先述の通り、尿検査でした!化粧室で尿を採り、提出するだけで検査は終了です。これだけで分かるんだ…とびっくりしたのを覚えています。尿検査以外にも色々と検査方法があるようでして、代表的なものとしては尿素呼気検査があります。最近ではAma○onさんでもその検査キットが購入できるみたいでして、3,000円から5,000円程で販売されています。Prime会員でしたら当日もしくは翌日受け取ることも可能なので、急ぎ結果を知りたい!という方は利用してみると良いかと思います。この尿素呼気検査ですが、いくつかある検査方法の中でもっとも精度が高いと言われています。なので、正確な検査結果が知りたいという方もまずはこちらの検査を受けてみるのが良いかと思います。近くの診療所や病院などでも検査できるみたいなので、まずは電話で検査を実施しているかどうか確認することをおすすめします!

尿素呼気検査以外にも便中ヘリコバクター・ピロリ抗原検査というものがあります。こちらは便を採取してピロリ菌がどのくらい生息しているかを検査する方法です。ただ検体の採取や管理が大変らしく、診療所や病院によっては実施していない場合があり、こちらは確認が必要です。

その他、内視鏡検査などもありますが、こちらは胃の中にカメラを入れるものなので、身体的に負担(嗚咽が止まらない)がかかるみたいです。。(私はやったことがありません。あくまで聞いた話です。)内視鏡を使って胃の中の粘膜の状態を確かめ、ピロリ菌から攻撃を受けていないかどうか検査するみたいです。攻撃を受けている場合、胃の中が発赤して見えるみたいです。

いくつか検査方法を上げてきましたが、どれを選択するかは個人次第になります!私の主観的な意見になりますが、感染の疑いや心配があまりないようでしたら会社や学校の健康診断、もしくは区市町村が実施している健康診断(無料でそのサービスを提供している自治体も沢山あります。)を受診し、その中の尿検査で確かめる方法、そこで疑いがあるようでしたら診療所や病院で内視鏡検査もしくは尿素呼気検査を受診するのが良いかと思います。

 

検査で陽性反応が出たら?

 

検査結果として、陽性反応になる人も多いかと思います。先ほど上記で記載しましたが、10代〜20代の世代でも2割が感染しているんですからこれは仕方のないことです。私も最初は「え、私の身体は大丈夫なのかな…」と心配になりましたが、その後色々情報を調べたり、知人や家族から話を聞く中でしっかりと対策をしたら大丈夫ということが分かりました!

対策は大きく分けて2つありまして、1つは診療所や病院で除菌剤を処方してもらい、それを飲むことでピロリ菌を除菌することです。こちらが一番手取り早い対策なのかもしれません。ただデメリットもいくつかあります。一つは街中のドラッグストアではその除菌剤を買うことができないので、病院で検査を受け、処方してもらう必要があること。二つ目は病院に何度か通うことになるので、それなりに時間・コストがかかるということ。そして三つ目が除菌剤を体内に摂取することにより、体内の胃酸濃度が高まり、逆流性食道炎(副作用)を起こす可能性があること、になります。除菌剤を使用する場合、まずは専門医に相談し、自身の身体に合っているのか、しっかりと確認した上で使用することをおすすめします。

2つ目の対策ですが、私はこちらを選択しました!内容はすごく簡単な対策方法でして、ヨーグルトを夜に一個食べるというものです。ただ、普通のヨーグルトではほとんど効果はないかと思います。私は明治さんが発売している明治プロビオヨーグルトLG21を食べていました

ピロリ菌の陽性反応が出た後、家族にその話をしてみたところ、父も過去に感染していたみたいでして、その話の流れで明治プロビオヨーグルトLG21の存在を知りました。父は約2、3ヵ月の間、そのヨーグルトを食べることで陽性反応から陰性反応になったみたいです。その話を聞いた後、私は「本当に効果あるのかな?」と疑いの気持ちを持ちながら約半年間、ヨーグルトを食べ続けていました。その結果、父と同様に陰性反応(問題なし)になりました!心の底から「明○さん、ありがとう!!」という気持ちで一杯になりました。検査結果は数値(胃内にどれだけピロリ菌が生息しているかを示す数値)で分かるのですが、ほぼ0に近い数値となっていました!ヨーグルトだけで胃酸も効かない細菌を倒せるなんて驚きですよね。もし「陽性反応が出たんだけどどうしよう?」という方がいましたら騙されたと思って一度試してみてください。ただ個人差があるかと思いますので、専門医のアドバイスには必ず従ってくださいね

 

まとめ

 

今回は少し長くなりましたが、ピロリ菌についてのお話、ピロリ菌検査の内容、そしてピロリ菌検査で陽性反応が出た後の対策について記事を書いてきました。陽性反応が出ると心配になる気持ちも分かりますが、焦らず冷静に対策を考えていくことが重要です。また上記でも書かせていただきましたが、これは個人の体験談となりますので、皆さまの身体に合った除菌方法を取るようにしてください!

また余談となりますが、LG21ヨーグルトには飲むヨーグルトと食べるヨーグルトがあるのですが、容量と価格は同じですので、どちらを選択しても効果は変わらないと思います!私はヨーグルトが対好物なので、食べるヨーグルトを選択し、毎日夜に欠かさず食べていました!夜に食べていた理由ですが、体内活動が活発になるのが朝よりも夜のようでして、LG21ヨーグルトで摂取した乳酸菌(ピロリ菌を倒す心強い味方です。)の活動を最大限発揮してもらいたいなと思い、夜に摂取していました!味も普通のヨーグルトとそこまで変わらないので、無理することなく、食べられると思います!

またピロリ菌に関しては、ホリエモンこと堀江貴文さんも本を出版されています(*’ω’*)タイトルはストレートに「ピロリ菌やばい」です笑 ピロリ菌検査で陽性反応が出たらしっかりと対策しましょうね!!

それでは本日はここまでにしたいと思います。最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

〜ひなたのブログ〜

問い合わせフォーム、Twitter(DM)でご質問やご相談を受け付けております!

お気軽にご連絡(フォロー)してください!

Twitter:@hinatanotabi

 






ABOUT ME
ひなた
ひなた
初めまして!ひなたです!今まで50ヶ国以上を旅してきました!これからは記憶だけでなく、記録として情報を残していきたいなと思い、ブログを始めました!まだ20代なので、大学生や大学院生、社会人1年目から3年目の方々に読んでいただけるように頑張っていきたいと思います!