教養

正しい敬語表現!?「お迎えに上がります」について触れてみる。

みなさん、こんにちは!ひなたです!

海外のサイトと比べると、日本語のインターネット上にはまだまだ情報が少ないと思い、世界を周遊しながらブログを書き、少しでも役に立つ情報を発信できたらなーと思っています!

今日はですね、前職の会社の後輩と話しをしていたときにふと気になった敬語表現について書いていきたい思いますー!タイトルにも書かせていただいたのですが、「お迎えに上がります」という敬語表現!言われたときに少しだけ違和感を感じたのですが、みなさんはこの言葉を使ったことがありますでしょうか?(あまりないですかね?)

後輩とのやりとりがどんなシチュエーションだったか、簡単にご説明しますと、今月末に2人で箱根温泉旅行に行くんですが、どちらが運転するかの話になったときに、(すごい優しくて仕事のできる)後輩が「私がレンタカーを借りてきて運転しますよー!13時頃に先輩のおうちに迎えに上がりますねー!」と連絡をしてきたんです!そのときに私の頭の中は一瞬ですが「?」となりました!「迎えに上がる」?これは正しい敬語表現なのだろうか

同じように疑問に思う方もいらっしゃるかと思う(←私だけだったらどうしよう…悲)ので、今回は「お迎えに上がります」という言葉を「お迎えに」、「上がります」と2つに区切り詳解していきたいなーと思います!

「お迎えに」という敬語表現

まずは「お迎えに」という表現についてです!この言葉は正しい敬語表現でしょうか?

会社の後輩の視点から見ると、私の方が(1歳しか変わりませんが。)年上になるので、「迎え」という言葉を丁寧語に変えて「お迎え」。これは全く問題ないですね!さすが後輩!しっかりした敬語表現ができています!(一つ目をクリアしただけですが…)それでは「上がります」という表現はどうでしょうか?

「上がります」という敬語表現

続いて、日常生活の中ではあまり登場することがない「上がります」という敬語表現。久しぶりに辞書(大辞林)を開いて調べてみたところ、「上がる」という言葉は「訪れる」や「行く」の謙譲語としてきちんと記載されていました!なので、「上がります」という言葉も敬語表現として正しいかと思います!

「迎えに上がります」という敬語表現

それでは「お迎えに」と「上がります」を組み合わせた「お迎えに上がります」は正しい敬語表現なのでしょうか?辞書やインターネットで調べてみたところ、この表現には誤りはないそうなんです!ただ一つだけ落とし穴がありまして(敬語はややこしいー…)、敬語を使う相手が企業のお客様であったり、自社の役員等(年齢的にも役職的にもかなり上の方々)であったら全く問題はないのですが、この言葉は通常では、家族や友人、先輩などには使わないようなんです。今回後輩がこの言葉を使ったときに違和感を感じたのは、「日常会話というシーン」の中で登場したからなのかもしれません!確かにビジネスの中でこの言葉が登場したら違和感を感じないのかもしれません。よくよく考えたら年配の方々はハイヤーとかタクシーの迎車の際、運転手に良く言われてそうですよね。そのようなシーンで使うのか!と私は思いました笑

まとめ

今回初めて敬語表現について、記事を書いてみました!敬語表現としては正しい表現であっても、その場のシーンに合った言葉を選ぶ必要があるので、日常生活の中で何か疑問を感じたらすぐに調べる癖をつけておいた方が良さそうですね!私も時々敬語表現を誤るときがありますので、今回の件をきっかけにもう一度敬語の復習をやってみようかなと思いました。

 

それでは本日はここまでにしたいと思います!最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

〜ひなたのブログ〜

問い合わせフォーム、Twitter(DM)でご質問やご相談を受け付けております!

お気軽にご連絡(フォロー)してください!

Twitter:@hinatanotabi

 






ABOUT ME
ひなた
ひなた
初めまして!ひなたです!今まで50ヶ国以上を旅してきました!これからは記憶だけでなく、記録として情報を残していきたいなと思い、ブログを始めました!まだ20代なので、大学生や大学院生、社会人1年目から3年目の方々に読んでいただけるように頑張っていきたいと思います!