ビジネス分析

PayPayピックアップのテイクアウトサービスが2020年6月からスタート!

新型コロナウィルスが発生し、外出自粛要請や2020年4月10日に東京都が発表した休業要請で酒類の提供は19時迄、営業時間は20時迄という制限がなされ、飲食店やレストラン経営者に与えている打撃は非常に大きいものになっています。5月6日までの緊急事態宣言が全国へと広がり、同様の要請や制限による影響が全国の飲食店やレストランに拡大しています。

そのような中、PayPayのテイクアウトやデリバリー機能の強化は、こうした飲食店、レストランを支援する存在になると思い、今回の記事では、飲食店の救世主、PayPayのテイクアウトサービスがどのようなものか、現在公表されている情報を基に紹介したいと思います。

PayPayのテイクアウトサービス、『PayPayピックアップ』は、同アプリ内で注文を事前に完了し、飲食店(店舗)で料理を受け取ることができます。例えばですが、アプリ上で受取時間:19時に設定して、その時間に注文先の飲食店に向かうと、料理が準備されています。PayPayで登録されたクレジットカードを通じて課金がなされるので、飲食店で支払う必要はありません。

『PayPayピックアップ』の提供開始は6月以降でして、少し時間が空きます。ただ、全国各地の飲食店を対象にサービスを利用できるみたいでして、地方の飲食店の方も初期から利用することができます。『PayPayピックアップ』を利用したい加盟店(飲食店)は5月1日からPayPayのWebサイト上で申し込みを受付する予定とのことです。

本日は新型コロナウィルスの関係で急速に成長するテイクアウトサービスに目を向け、6月以降にリリースされる『PayPayピックアップ』について紹介してきました。『PayPayピックアップ』以外にもUbereatsやmenuなども続々とテイクアウトサービスを開始していますので、次回の記事ではそちらのサービスについても紹介していきたいと思います。

問い合わせフォームでご質問や相談を受け付けております。調べてほしい企業のビジネス・サービスや取材のご依頼なども受付しておりますので、下記フォームからお気軽にお問合せください。





ABOUT ME
ひなた
ひなた
初めまして!ひなたです!今まで50ヶ国以上を旅してきました!これからは記憶だけでなく、記録として情報を残していきたいなと思い、ブログを始めました!まだ20代なので、大学生や大学院生、社会人1年目から3年目の方々に読んでいただけるように頑張っていきたいと思います!