知っておきたい大雪被害の予防策と対策

大雪被害というと、まず頭に浮かぶのは交通への影響ではないでしょうか?

実際には、生活に大きな影響を与えるケースも少なくないため、大雪被害の例から、家庭でできる予防策まで紹介します。

 

目次

1.大雪被害でどうなる?生活やインフラへの影響

2.大雪被害の特徴と対策

3.孤立しても安心!ポータブル電源で充電も給電もOK

4.まとめ

 

1.大雪被害でどうなる?生活やインフラへの影響

 

大雪で起こる被害は多くの例があります。

以下にて雪にまつわる被害の例を一覧で紹介します。

 

  • 積雪害

線路、道路や滑走路などが積雪により埋没したため引き起こされる交通災害。

 

  • 雪圧害

家屋や樹木が雪圧によって損壊する災害。

 

  • 雪崩害

雪崩による被害。

 

  • 着雪害

雪の重みなどにより電線が切断、短絡や電柱の傾斜、折損などを起こす災害。

 

  • その他

雪による転倒や雪下ろしによる転落事故な。

 

積雪による被害は様々ありますが、大雪ともなれば雪害が複合して起きるため注意が必要です。

 

大雪による停電は定期的に耳にする被害ですが、酷いケースだと居住地域の孤立なども考えられます。

 

2.大雪被害の特徴と対策

 

雪害の大きな特徴は他の災害とは異なって、雪が降っている瞬間だけ被害があるのではなく、降った後も雪が残り続けるために様々な災害につながるということです。

 

家庭でできる大雪被害への対策としては、不要な外出を避けるということと、ライフラインが途絶しても過ごすことのできるように備えておくということです。

 

家庭でできる大雪被害の対策としては、一般的な防災アイテムに加えて暖房を取る手段を用意すると良いでしょう。

 

  • 飲食料品

数日間、外出しなくて済むように用意しておく。

1週間分ほどの備蓄があればなお良い。

 

  • 照明

夜間の対策にはもちろん、積雪の際は昼間でも薄暗くなります。

懐中電灯などを用意しておくと良いでしょう。

 

  • 情報収集用の機器

スマートフォンやラジオなど情報を集めることができるものを用意しておきましょう。

 

停電を伴った場合にライトや、ラジオ、スマートフォンの充電手段として用意しておきましょう。大容量の非常用電源があると一層安心です。

 

  • 寒さ対策のアイテム

冬場の防災の肝になります。停電の際は暖房器具が使えなくなるため、防寒対策の衣類のほか、使い捨てカイロなどは多めに用意しておきましょう。石油ストーブも有効ですが、一酸化炭素中毒や火災には注意しましょう。

 

 

3.孤立しても安心!ポータブル電源で充電も給電もOK

 

 

大雪の停電対策にポータブル電源(大型バッテリー)がおすすめです。

 

真冬のキャンプなどでも活躍することから、冬場の防災対策をより盤石としてくれます。

 

おすすめの商品としては、ソーラーパネルとポータブル電源がセットになった「Jackery Solar Generator シリーズ」です。

 

Jackeryのポータブル電源は「防災製品等推奨品認証」を取得しているため安全性も高く、ACコンセントだけではなく、ソーラーパネルで充電もできるため、ライフラインが長期的に停止しても問題ありません。

 

Jackery Solar Generator:https://www.jackery.jp/pages/solar-generator

 

特に、シリーズ内の最新モデルである「Jackery Solar Generator 2000 Plus」と「Jackery Solar Generator 1000 Plus」であれば、100Vエアコンを始め家庭内の電化製品の大半を使用できます。

 

どちらのモデルもリン酸鉄リチウムイオン電池を採用しており、従来品以上の安全性と長寿命を誇ります。

 

2機種の大きな違いは、出力と容量ですが、どちらもバッテリー容量の拡張オプションがあるため、接続機器の量で選ぶと良いでしょう。

 

  • Jackery Solar Generator 2000 Plus

大人数もしくは、電化製品の使用数が多い方におすすめ

Jackery Solar Generator 2000 Plus ポータブル電源 セット

 

  • Jackery Solar Generator 1000 Plus

非常用の電源システムをまずは導入したい方におすすめ

Jackery Solar Generator 1000 Plus ポータブル電源 セット

 

また、ポータブル電源であれば有害な排気ガスなどもなく、宅内で安心して使用できます。

 

4.まとめ

 

大雪被害は長期化しやすいため、被害が出た後に長期間対応できるような準備をすることが重要です。

 

冬場は、寒さによる健康被害も考えられるため寒さへの対策をしっかりとしておきましょう。

 

家の中で安心して使用できる非常電源を検討したい方は、ポータブル電源にも目を向けてみて下さい。

 

 

READ  オンラインカジノでプレイできるポーカーの種類とは?特徴とルールをマスター!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です